《デッドシーセラピー》の歴史

プライベートサロン ビハーラ

03-6809-6068

〒108-0014 東京都港区芝4-18-3 JTM26

営業時間:11時~深夜3時 定休日:元旦

lv_re

《デッドシーセラピー》の歴史

当店のブログ

2020/05/20 《デッドシーセラピー》の歴史

こんにちは。

 

前回のデッドシーセラピーに関するお客様の感想に続き、本日は《デッドシーセラピー》の歴史を少しお伝えします。

 

デッドシー《死海》は海抜約マイナス400mの世界で最も低い位置にある水域です。

 

マグネシウム、ナトリウム、カリウム、カルシウム、臭素やその他たくさんのミネラルを含む独特な成り立ちをした湖は、約600万年前に地殻変動で誕生しました。

 

そして、乾燥した汚染のない環境や紫外線の弱さ、酸素含有量の多さなどの抜群の気候条件とミネラル豊富な水・塩・温泉・泥の組み合わさった、世界で唯一の場所として知られてきました。

 

古代、クレオパトラは独占権を得て死海でお薬や化粧品をつくらせ、工場の跡地が今も残っています。

 

ローマ時代の温泉の跡地が、この土地が治療に適したことが古代から知られていたという証になっています。

 

現在では、医薬の分野で《デッドシー》が肌・関節・呼吸器・目・その他様々な異常に有効である事が発表されています。

 

このような天然資源を利用して日本でもセラピーを行える事に本当に感謝したいと思います。

 

《デッドシーセラピー》に使用する死海の泥やお塩は、ミネラリア研究所さんを通してイスラエルから輸入している製品です。

 

気候や風土が全く違う土地の自然の恵みをいただけるようになった現代の豊かさが、ビハーラに訪れる皆さまにも循環しますように

 

img_3408_s

■■□―――――――――――――――――――□■■
ビハーラ

【住所】
〒108-0014
東京都港区芝4-18-3 JTM26
【電話番号】
03-6809-6068
【営業時間】
12時~深夜3時
■■□―――――――――――――――――――□■■

TOP